毎日が台風のような日々です。が、台風の目のような日もあったりして…そんな日々の日記かな?


by seocolory
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

不思議な関係

我家の2番目子ちゃんは“みー”です。
“みーちゃん” “みーこ”とも呼ばれてます。
我家の3番目こちゃんは“さと”です。
“さとちゃん” “はと”とも呼ばれてます。

私の祖母(子供達にとって曾婆ちゃん)こと“カカ”はよく子供の名前を呼び違えます。
特に女の子の曾孫(8人)はほとんど“みーちゃん”と我家の2番目子ちゃんの名前を呼ばれます。
日中、家にいる3番目子ちゃんに“みーちゃん”を連発していると…
はと 「みーちゃんはお姉ちゃん、はとだよ。」
カカ 「うん、もうお姉ちゃんだね みーちゃん。」
はと 「違う、はとだって」
カカ 「えぇ!お姉ちゃんじゃないの?みーちゃん?」
はと 「だから…は・と。“はと”って言って」
カカ 「ふ~ん、はとちゃん…?」
はと 「そうそう、はとだよ」
カカ 「あら、そう。で、“はと”って誰?」
はと 「ええ~と…あれ、誰だっけ?」
はいはい、そこの君です。あなた本人です。
これ、真顔でのやり取りです。しかもどちらも痴呆とかではありません。
天然のボケ2人です。

そして2人はいつも遊んでます。
カカが鼻歌で『北国の春』(千 昌夫)を歌っていると…
はと 「あ~、はとも歌う!!♪イー・アール・サン・スー フレッシュプリキュア~♪」
と、現在ハマリ中のフレッシュプリキュアの歌に何故か中国語の1・2・3・4をつけて歌います。
(ただいま日曜朝に放映中のフレッシュプリキュアのエンディングソングを聞いて頂けると謎が解けると思います。)
カカ 「あら、上手だね!」
はと 「うん、ありがとう。カカも上手だよ。」
カカ 「うん、ありがとう。歌もう1回聞きたいな。」
はと 「いいよ。踊るから見ててね。一緒に歌って。」
カカ 「いいよ。さんはい…」
はと 「♪イー・アール・サン・スー フレッシュプリキュア~♪」(振りつき)
カカ 「♪しらかば~あおぞら、みなみかぜ~♪」
と、一緒に『北国の春』(千 昌夫)&フレッシュプリキュアが始まります。

会話を聞いて私が笑うと娘が照れて隠れてしまうので必死にこらえてます。
我慢できない時は違う部屋に行ってゲラゲラ笑って戻ります。
平和です。
が、あまりのボケ度に少~し娘の将来を心配した方がいいのかな?
と、思う時もある母でした。
[PR]
by seocolory | 2009-12-22 23:44